そもそもホワイトニングって?

ホワイトニングとは、歯を白くするための治療のことを言います。
しかし、白くすると言っても、染料などを使用して白くするわけではありません。
そのようなホワイトニングも実在してはいますが、それはあくまでも特殊な例です。
一般的なホワイトニングは、歯が持つ本来の色を取り戻すことによって行います。
歯は外側から、エナメル質と象牙質、最も中心には歯髄腔と呼ばれる空間が存在しています。
我々は、最外層であるエナメル質を見ていますので、このエナメル質の色が、歯の色そのものであると考えがちです。
しかし、実際は必ずしもそうではありません。
実は、エナメル質は、半透明な組織ですので、正常なエナメル質ならば、その下にある象牙質の色が少し透けて見えています。
つまり、私たちが見ている歯は、象牙質が透けて見えているため、少々黄色みがかっているのです。
よって、歯が持つ本来の色は必ずしも真っ白ではないということを理解しておくようにしましょう。

歯が白くなる歯磨き粉をお探しならコチラのHPを参照してください

尿量の少ない人

1回の尿の量が少ないというのは、あまりよくありません。
1回の尿の量が少ない人は、
だいたい50CCから150CC程度の尿しか出ません。

そのため尿意をもよおしてトイレへ行っても、
少量の尿しか出ませんので、どこかすっきりしないのです。
この場合実際には尿は出ていないだけで、
膀胱の中にはまだ出し切れていない尿が残っていると考えられます。
これを残尿といいます。

そして膀胱に尿が残ってる、
つまりは残尿感がある人は、常にトイレへ行きたくなってしまうのです。

ちょっとトイレへ行っては、少しだけ排尿し、
しばらくするとそれほど時間がたっていないのに、
またトイレへ行きたくなって排尿する…。
こうして頻尿となってしまうのです。

特に残尿が多い人の場合は、
昼間以上に夜間にトイレへ行きたくなってしまいます。

そのためうとうとし始めたらトイレへ行きたくなって目が覚め、
トイレへ行ってもまたしばらくするとトイレへ行きたくなってしまいます。

ついには睡眠不足に陥ってしまいます。

ノコギリヤシのサプリメントの比較をしたいならこのサイトが参考になります