香典袋の中身

御香典の袋を開けると、さらには中に中袋と呼ばれる物が入っています。
中袋とも中包みとも呼ばれています。
この中袋に、中に入れた香典の金額を書きます。
金額を書いておくことによって、
誰からどれだけ香典を受け取ったのか、すぐにわかることができます。
また記録もしやすくなります。

金額は、漢数字で書きます。
ただ一や二という漢字は線を書き加えることによって、変えることができます。
そのため後で不正に修正することができないように、難しい漢数字を使うことが一般的です。

一は「壱」、二は「弐」、三は「参」、五は「伍」、十は「拾」です。
さらには万は「萬」、円は「圓」となります。

中袋にお金を入れて、中袋の裏面に金額と住所や氏名を書きます。
最近の香典袋には金額や住所氏名を記載する欄がもうけられています。
そのため、そこへ記入するとよいので簡単です。

中袋は筆で書くものですが、ペンで書いてもかまいません。
最近はペンで書く人も多いです。

家族だけの葬儀、家族葬を行う人が増えています