尿量の少ない人

1回の尿の量が少ないというのは、あまりよくありません。
1回の尿の量が少ない人は、
だいたい50CCから150CC程度の尿しか出ません。

そのため尿意をもよおしてトイレへ行っても、
少量の尿しか出ませんので、どこかすっきりしないのです。
この場合実際には尿は出ていないだけで、
膀胱の中にはまだ出し切れていない尿が残っていると考えられます。
これを残尿といいます。

そして膀胱に尿が残ってる、
つまりは残尿感がある人は、常にトイレへ行きたくなってしまうのです。

ちょっとトイレへ行っては、少しだけ排尿し、
しばらくするとそれほど時間がたっていないのに、
またトイレへ行きたくなって排尿する…。
こうして頻尿となってしまうのです。

特に残尿が多い人の場合は、
昼間以上に夜間にトイレへ行きたくなってしまいます。

そのためうとうとし始めたらトイレへ行きたくなって目が覚め、
トイレへ行ってもまたしばらくするとトイレへ行きたくなってしまいます。

ついには睡眠不足に陥ってしまいます。

ノコギリヤシのサプリメントの比較をしたいならこのサイトが参考になります

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です