そもそもホワイトニングって?

ホワイトニングとは、歯を白くするための治療のことを言います。
しかし、白くすると言っても、染料などを使用して白くするわけではありません。
そのようなホワイトニングも実在してはいますが、それはあくまでも特殊な例です。
一般的なホワイトニングは、歯が持つ本来の色を取り戻すことによって行います。
歯は外側から、エナメル質と象牙質、最も中心には歯髄腔と呼ばれる空間が存在しています。
我々は、最外層であるエナメル質を見ていますので、このエナメル質の色が、歯の色そのものであると考えがちです。
しかし、実際は必ずしもそうではありません。
実は、エナメル質は、半透明な組織ですので、正常なエナメル質ならば、その下にある象牙質の色が少し透けて見えています。
つまり、私たちが見ている歯は、象牙質が透けて見えているため、少々黄色みがかっているのです。
よって、歯が持つ本来の色は必ずしも真っ白ではないということを理解しておくようにしましょう。

歯が白くなる歯磨き粉をお探しならコチラのHPを参照してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です